髪が心配になり始めてら早めの薄毛対策を始めましょう。

男性型薄毛にはトータルケアで対策を

 

日本人に多い頭部の薄毛は、男性型薄毛AGAが原因です。
男性ホルモンが髪の毛乳頭で5αリダクターゼの影響を受けてしまい、ジヒドテステトロン(DHT)に変化する事で薄毛になると言われています。
レセプター因子とDHTが結合すると、髪を退校させる因子が作られてしまい薄毛を発症します。
全ての男性が頭頂部が薄毛になるわけではありませんが、遺伝によってもこのDHTが増えやすいようです。
家族に頭頂部薄毛の人がいると、確率がたかくなりますので早めのケアで予防する事が大切になりますね。
AGA 治療としては、プロペシアが一番良いと言われていますが、ホルモンの変化は止められなくても、頭皮を改善して髪が生えやすい状態にしないとプロペシアの効果も得られません。
プロペシアは5αリダクターゼの働きを抑える育毛剤です。
この育毛剤の効果を高める為には頭皮の環境を整え、血行を促進して頭皮に栄養が行き渡るようにしなくてはならないのです。
特に頭頂部は血行が滞りやすい為に、頭皮が固くなって髪が生えにくくなりやすい場所です。
自分の頭皮にあったシャンプーで、頭皮の汚れと皮脂を取り去りマッサージで血行を促すことも大切ですが喫煙を控えて頭皮に栄養がしっかりと届くような体を作る事も大切なのです。
本当に髪を生やしたいなら、頭皮だけでなく体に必要な栄養をバランスの良い食事と軽い運動で行き届くように改善していきましょう。
栄養のバランスが悪くては、育毛剤の効果も見られなくなりますし頭皮を健康にするのは肌のスキンケアを行うのと同じことです。